社団法人日本人形協会|五節句|上巳(3月3日)桃の節句

流れる水にわが身の厄を流す中国の風習と、
人形(ひとがた)をわが身に代えて祓いとする日本古来の風習が融け合って、やがて日本のならではのひなまつりが生まれました。

3月3日は、五節句の二番目「上巳(じょうし)の節句」にあたります。中国には、この日、水辺で身体を清め、宴会を催し、災厄を祓うという風習がありました。こうした中国の節句の行事と、日本に古代から伝わる禊祓(みそぎはらい)の思想や、「人形(ひとがた)」を流す風習とが混じり合い、日本ならではの上巳の節句となりました。 上巳はじょうみとも読まれ、本来は三月の最初の巳(み)の日という意味でしたが、かなり古い時代から3月3日に行われるようになりました。

    日本では上巳の節句に、人の形を草木や紙でこしらえ、それで身体をなでて自分の厄を移し、水に流して祓いとしました。この時のなでものを「人形(ひとがた)」と呼びます。この「ひとがた」が、後世の雛人形の始まりではないかと考えられています

社団法人日本人形協会|五節句|上巳(3月3日)桃の節句

雛祭りの祝い方

年に一度の女の子の節句ですから、女の子のいるご家庭なら、親戚やお友達を招いてお祝いをしたいものです。

お料理はお供えと同じ内容のものを用意します。お供えするのはハマグリやサザエなどの貝を皿に盛ったものと、宵節句(3月2日の夜)には赤飯・ハマグリの吸い物・ぬた、3日にはちらし寿司が一般的です。招いたお客様を上記のお料理でもてなし、縁起物の菱餅や白酒、ひなあられなども添えます。

雛飾り

雛人形や桃の花を飾るのは、春の始まりの立春以降(2月の中旬頃から)、遅くとも雛祭りの1週間前くらいには飾りましょう。

置く場所は上座が北の位置で南向き、向かって右が男雛、左に女雛を置くのは京都の伝統的なスタイル。関東の方では向かって左が男雛、右に女雛を置くのが一般的です。

雛祭りが終わったら早く片付けないと婚期が遅れるといわれますが、これは昔の名残「流し雛」が1日限りのものだったことに由来しています。

雛祭り-子供の日.com

雛祭り子供の日の総合サイト,雛祭りや子供の日(端午の節句)の祝い方や一般常識,現代鎧兜・鯉のぼり・雛事情から教養講座まで,お祝いの料理など写真とともに紹介!

このサイトは、雛祭り&初節句に関連する
豊富なコンテンツを
きれいな写真をまじえてご紹介しています。
また初節句のマナーやお祝いの仕方など
実際に使える知識も盛り沢山。

お子さまがいらっしゃる方は、一緒にご覧下さい。
「ほんわか楽しいひととき」をご家族で
過ごしていただけることと思います。

雛祭り-子供の日.com


雛祭りの本来の意味について教えてください

3月3日の「雛祭り」とは、雛人形やその調度類を飾り、白酒・菱餅・桃の花などを供えて、女児の健やかな成長を祈る行事です。

「桃の節句」「上巳(じょうし)の節句」ともいい、かつては節句を節供と書きました。

上巳とは、旧暦3月の「上句の巳の日」のことであり、中国では、この日に祓いの行事が行われました。 これが日本に伝来して、日本の習俗と混じり合い、雛祭りへと発展したのです。

ですから、元来は紙などで作った人形で身体を撫で、息を吹きかけたりして、その人形に罪穢(つみけがれ)を移し、海や川に流すという祓いの行事でした。

この人形が、時代が下るにつれ、いつしか王朝風の美しい雛人形へと変化し、人々に愛玩され鑑賞されるようになりましたが、それと共に祓いの習俗は後退していきました。

しかし、現在でも鳥取県地方には、そのような雛祭りの原型が「流し雛」という形で残っています

ひなまつり(雛祭り)ひな人形とは?(由来)

三月三日。桃の節句。女子の祭り。

ひな人形をかざり、菱餅・白酒・桃の花などをそなえる年中行事。

春の季語。



もともと「ひな」というのは、女子が人形遊びなどに使ったもので、平安時代には立ちびなだったものが、室町以降座りびなとなり、今のようなひな人形が作られるようになったのは近世中期以後。

「年中行事図説」(柳田国男監修 民族学研究所編 岩崎美術社)によれば、「桃の節句」はもともと春先に農作業をはじめるにあたり、物忌み、禊などを行い穢れを払う行事であり、人形はもともとこの汚れをうつして川などに流す「形代」として使用されていたらしい。従って、特に女子の祭りというわけではなく、男女が共に参加した。

一方、「端午の節句」はもともと田植えを前に稲作の吉凶を占う行事であり、そのため、田の神(女性)との関わりが深かったらしい。二つの行事が今のように男子・女子の祭りとして認識され、華美になってきたのは、ごく最近の近世中期以降だとい

はつぜっく[初節句]

●はつぜっく[初節句]
生まれて初めての節句. *女子は3月3日.男子は5月5日

●ご贈答マナー

初節句
○ご贈答の心得
贈答様式 贈り元 献辞(表書き) 慶弔用品
祝い品を贈る 身内
身内以外 御初節句お祝
初節句御祝
御祝
御初雛御祝(女児)
御初幟御祝(男児) のし紙: 花結び祝

祝い金を贈る 身内
身内以外 のし袋: 花結び祝
金 封: 赤白花結び
赤白あわび結び

祝い返し 子供の親 内祝
初節句内祝 のし紙: 花結び祝
掛 紙: 雛人形
武者兜

●MEMO
節句の飾り(雛飾りや鯉のぼりなど)は、母親方の実家より贈られるのが本来の習わしであるが、現在では両家が話合って飾りを分担したり、費用を折半することが一般的になってきている。

初節句 とは はつぜっく

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。