社団法人日本人形協会|五節句|上巳(3月3日)桃の節句

流れる水にわが身の厄を流す中国の風習と、
人形(ひとがた)をわが身に代えて祓いとする日本古来の風習が融け合って、やがて日本のならではのひなまつりが生まれました。

3月3日は、五節句の二番目「上巳(じょうし)の節句」にあたります。中国には、この日、水辺で身体を清め、宴会を催し、災厄を祓うという風習がありました。こうした中国の節句の行事と、日本に古代から伝わる禊祓(みそぎはらい)の思想や、「人形(ひとがた)」を流す風習とが混じり合い、日本ならではの上巳の節句となりました。 上巳はじょうみとも読まれ、本来は三月の最初の巳(み)の日という意味でしたが、かなり古い時代から3月3日に行われるようになりました。

    日本では上巳の節句に、人の形を草木や紙でこしらえ、それで身体をなでて自分の厄を移し、水に流して祓いとしました。この時のなでものを「人形(ひとがた)」と呼びます。この「ひとがた」が、後世の雛人形の始まりではないかと考えられています

社団法人日本人形協会|五節句|上巳(3月3日)桃の節句

雛祭り-子供の日.com

雛祭り子供の日の総合サイト,雛祭りや子供の日(端午の節句)の祝い方や一般常識,現代鎧兜・鯉のぼり・雛事情から教養講座まで,お祝いの料理など写真とともに紹介!

このサイトは、雛祭り&初節句に関連する
豊富なコンテンツを
きれいな写真をまじえてご紹介しています。
また初節句のマナーやお祝いの仕方など
実際に使える知識も盛り沢山。

お子さまがいらっしゃる方は、一緒にご覧下さい。
「ほんわか楽しいひととき」をご家族で
過ごしていただけることと思います。

雛祭り-子供の日.com


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。